【第1回】VAIO Type Pを改造しよう。滅茶苦茶処理が重いからな。

愚かな私を笑ってください。

見た目が良いという理由だけで10年前のPCを購入(もちろん中古)しました。

その名もSONYの「VAIO Type P」です。

これ発売当初からず~~っと欲しかったPCなんですが、当時の当方は意外と冷静だったので

いのっち

高い・・・やつは見た目だけだ

いのっち

買っちゃだめだ、買っちゃだめだ、買っちゃだめだ、買っちゃダメだ、買っちゃダメだ、買っちゃ駄目だ、買っちゃだめだ、カッチャダメだぁぁぁあっ・・・

と、自身に暗示をかけ続けました

怖いな、俺!

ということで、まさか鑑賞用に購入したわけではないので全3回くらいにわけてこの子をネット・ブログ特化マシーン」へと昇華していきます。

まさかのシリーズものです。

いのっち

これ、誰が読むんだ!?

…とか思ったんですが、ガジェッター魂が「意味はないけど書け!」と叫んでいるので書きます。

こいつは「名機」、いや「迷機」です。

目次

VAIO Type P改造計画

そもそも、VAIO Type Pとは何ぞや!?

2009年にSONYから販売された8インチディスプレイを搭載したネットブックです。

この頃、ネットブックという名の小型のノートPCが流行った時代でした。

その流れに乗って爆誕したのが「VAIO Type P」です。

Type PはPocket(ポケット)の頭文字から来ており、ポケットにも収まるノートPCとして売り出されていました。

左:VAIO(8インチ) 右:Let’sNote(12インチ)

実際にお尻のポケットにPCを入れているCMが当時流れていました。

『あんなデッカイポケットがついたズボン無いだろ!』とか、当時思った記憶はあります。

さて、このVaioですが一つ問題がありまして、とんでもなくスペックが低いのです。

そのため、普通に使えるようにするために今回は改造することが必須となります。

SSDへ入れ換えとOSは「Chromium」に入れ換えの二段構えで終了予定です。

Vaio Type Pのスペックのヤバさをご紹介

こいつは・・・ヤバイぜ!ということで、スペックを紹介だ!

OS:Windows Vista
CPU:Atom 1.33 GHz
メモリ:2GB
解像度:1600×768
HDD:約60GB
主な外部接続:USB×2
SD、メモリースティック
無線LAN:有
Bluetooth :Bluetooth 2.1
カメラ:31万画素
バッテリー:約4.5時間
サイズ:24×19.8×120mm
重さ:約636g

色々古い!スペックしょぼい!VISTA重い!

もう、何が酷いか解説していきます。

Vaio Type PにWindowsVistaは重すぎ

何が凄いって古いPCなのでOSも古いのです。

Windows10までアップグレードしている方もいますが、皆口を揃えて言っているのはWindows10には向いていないという見解です。

じゃあ、標準で入っているWindowsVistaが早いかというと「NO」です。

一言でいうと重すぎて何もする気がおきなくなりそう。

初めから入っているSony純正のソフトとかいらないから、素の状態で軽くしておいてほしかったです。

インターネットが見れない

Vistaに標準ではいっているブラウザは「InternetExplore7」なんですが、

…何も検索できないし、何も見れないという状態です。

一瞬壊れているのかと思ったほどです。

Windowsアップデートも降ってくるし、Wi-Fiにもつながってはいたので気がついたのですが、ブラウザ古すぎてネットの情報を拾えないのです。

ちなみにChromeやInternetExplore9を入れようと思ったら、

「今のままで、インストール出来ると思うなよ」

と怒られ、渋々Windowsアップデートを開始。

要はOSのバージョンが古すぎたみたいです。

Windowsアップデートを繰り返して200件近い更新プログラムの果てに漸くServicePack2が降ってきました。

これを入れた後にインターネットエクスプローラ9を入れることが出来ました。

まあ、検索は出来るようになったのですが、検索結果をクリックすると

「エラー。IE9じゃ、表示できないよ。ぷっ!」

うがぁぁあ、ふざけんなぁ!!!ここまで何時間かかってると思ってんだぁあ!

動画再生メッチャカクカクする

一応、GPUが入っていますが、サンプルで入ってた動画はカクカク再生。

これは…違う意味でヤバイ。

GPUはどうやらWindowsMediaPlayerで再生した場合は利くけど、それ以外だと微妙だとか…。

いや、WindowsMediaPlayerで再生したはずなんですが…。

フル充電するも翌日には3割減

まあ…中古の時点で期待はしていませんでしたが、電源切っておいても減ってるんですね…。

これもType Pの問題点らしいのですが、気がつくとバッテリーがゴッソリなくなっているとか。

まあ、これはアダプター持ち歩けば済む話なのでどうでもよかったりしますが。

…と、ここまでボロクソかきましたが、

とにかく見た目が格好いいんですよ。

絶妙な重さに加えて、キーボードも意外とタイピングしやすくて、こいつを使える奴に仕立てたくなるんです。

なんだかわからないけど、このVaioは欠点が霞んで魅力ある端末に見えてくるんですよね。

不思議です。

Vaio Type Pの素敵な外観を見てみよう

たたずまいが美しいんですよ。

まずは斜めから

右側にはUSBポートと

右サイド

左側にもUSBポート、イヤホンジャック、電源があります。

左サイド

手前側にはSDカードスロット、メモリスティックDUOスロット、Wi-Fiスイッチ、電源スイッチ、その他ボタンなど。

手前側

裏面はバッテリーが脱着可能です。

裏面

最後はキーボードです。小型のPCにもかかわらずキーボードはキーが省略されることなく配置されています。

見た目のバランスが美しい…。

これで性能が伴ったら最高傑作のマシーンになると思いませんか?

Vaio Type Pを改造する前に基本の「き」

とりあえず、改造する前に基本の作業はしておきました。

リカバリーディスクの作成

WindowsVistaなので今更使えないし不要とも思ったのですが、

最悪、元に戻して転売(セコイ)するためには現状復帰できるようにしておかないと、と思い念のため作成。

リカバリディスクはVaioに標準でついているソフトで簡単にできました。

まぁ、作成完了するまでに2回は謎のエラーが出て失敗していますが…。

さらに言うと、失敗分を除いて完了までに3時間くらいかかりました。

うーん、処理が遅いのは本当に考えものですね。

Biosのアップデート

実は公式サイトからBiosのアップデートプログラムが提供されていました。

このプログラムを適用すると処理速度が少し改善されるらしいです。

もっとも体感出来るほどの違いは当方には分かりませんでしたが…。

Cloud ready が起動できるかテスト

ChromiumはCloudreadyを使ってインストール予定でしたが断念しました。

というのも、Cloudreadyの入ったUSBメモリをパソコンに指して起動をしてみたら、

「Cloudready」のロゴから先に進まないのです。

悩んだ挙げ句にCloudready新しいバージョンが出ていたので、これでやり直ししました。

…が、より悪い方向に。

こちらの記事にも追記したのですが、
rapisino.hatenablog.com

Cloudready32bit版の提供を止めたらしくVaio type pではロゴすらでない状態に…。

32Bitマシンに64Bitのシステム突っ込むなと怒られた

…Cloudreadyは諦めて、Chromiumを起動できる別の方法を見つけたので、万事解決しました。

別の方法で起動確認(後日記事にします)

危うくシリーズものになるはずが、第一回で終わるところでした。

危ない、危ない。

因みにもっとディープガジェッターの人だと、さらにBiosの隠しモードを出したりとか色々やっていました。

ただ残念ながら、これは情報が不足していて当方にはできそうもない感じだったので断念しました。

このマシンチューニング出来る所は全てやっておかないとガッカリしそうなので悩ましい所です。

感想と次回予告

当方以外にもこのこの外観に惚れて購入してしまったガジェッターの方々がたくさんいます。

当方はガジェッターとしては「ライト」な方で、「ディープ」なガジェッターの方々がいろいろな方法でこの子を

「できる子」に変えようと画策してきた歴史があります。

矢が尽き、刀折れ、倒れていったガジェッターの山で死屍累々

それが「VAIO Type P」だ

・・・はいはい、茶番はこのくらいにして、次回は「ハードディスクからSSDへ換装する」です。

まぁ、当方のブログを読んでいる方は十中八九SSD換装など興味がないと思うので、驚くほど緩く換装の風景をご紹介する予定です。

正直なお話をすると、当方はPC作れないし、メモリの増設すら儘ならないライトガジェッターなので、何かテクニカルなノウハウとか提供できませんのでご容赦を。

例によって、不定期更新スタイルなので気長にお待ちください。

では、また!

スポンサー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると元気がでます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • VAIO Pの細長さ、かなりの個性を発揮していて憧れました^^
    (買いませんでしたがw)
    ミニPCはメモリ増設・SSD換装も難しいと思いますが、頑張ってください^^

  • id:little_strange
    コメントありがとうございます。メモリはオンボードなので交換不可らしいです。残念です(^_^;)
    このマシンは適度に癖があって楽しいですね。

コメントする

目次
閉じる