トイカメラの走り。CASIOのEXILIM(初代)

皆さんデジタルカメラ持ってますか?当方は持っているけど、ほぼ使ってません。

スマホが便利過ぎて正直必要無いためです。

子供の運動会やイベント事の時にちょっとだけ使いますが。

さて、今回はレトロガジェットネタです。

当方が若い頃に購入したCASIOのEXILIM(エクシリム)というカメラをレビューしていきたいと思います。

余談ですが、CASIOと言えばデジタルカメラを初めて開発、販売した会社です。まさにデジカメの先駆者だったわけですが、現在はデジタルカメラの事業から撤退しております。

面白いガジェットを作る会社なのですげぇ残念ですが。

目次

CASIO EXILIM(エクシリム)のスペック

スペックはこんな感じです。

 120万画素
 画像サイズ:1600✕1200
 フォーカス固定
 デジタル4倍ズーム
 フラッシュ有
 対応SDカード 256MB
 機能
  ・写真撮影
  ・音声録音
  ・ビデオ撮影(最大30秒)

  ・画像再生機能
  (但し、動画再生は不可)
  ・音楽再生機能

固定フォーカスだったり、デジタルズームしかついてなかったりしますが、デジカメを名乗るだけはあります。フラッシュが予想以上に明るいし、しっかりと写真が撮れます

実際の写真は後ほど、ご紹介します。

因みに当時はMP3プレーヤーとして使っていました。

EXILIMの外観

こんな感じです。まずは正面から。レンズとフラッシュ、正面の穴がポツポツ空いているのがマイクです。

次に裏面。ディスプレイと、メニューボタン、メニュー操作用の十字スティックボタン、モード切替用のスライドスイッチが着いています。

スライドスイッチは撮影、再生、音楽再生の3つに切り替えできます。

ディスプレイと関係なくファインダーもあるところが流石CASIOといったところでしょうか。

上からの画像です。丸いボタンがスイッチで、横長のボタンがシャッターです。

底面は、標準サイズのSDカードスロットと、充電クレードルのコネクタ挿入口です。

最後は充電クレードルの裏面です。電源コネクタと、USBタイプABのコネクタです。

最近このタイプのUSB(ABタイプ)見かけないですね。

因みにこことパソコンを接続するとデータ転送できます。

EXILIMで久々に撮影してみました

久々に使いました。懐かしいですね。どうでもよい話かもしれませんが、8GBのSDカードは当然のように規格外でした。

動きもしません。

昔使っていた256MBのSDカードを挿入して、フォーマットを実行したら撮影データが保存できるようになったので、こちらを使って撮影開始です。

昼間の写真です。全体的に荒い印象です。

電線などの細い線がギザギザしていたり、空の青を表現しきれてはいないように思います。

ただ、画素数が低い割にはしっかり撮れています。

安いのカメラよりはしっかり写りそうです。

今度は夜の画像です。フラッシュで撮影。

フラッシュ自体の光量は弱いですが、一応全体的には被写体の車両も写っています。

あとは、手ぶれ補正がついていないので、夜間は特に手ぶれしないように脇を締めて固定しないと、残念画像なりやすいのが注意点でしょうか?

余談ですが、こちらは購入から8 ヶ月ほど経過したトヨタのルーミーという自動車です。

全然関係ないですが、トヨタルーミーの記事も書いていますのでよかったらご覧ください。

他にも、画像撮影後に音声を録音して、音声付き画像にする機能とかもあります。

最近のスマホのカメラにも着いてそうな機能です。

あとは、操作感をお伝えしたかったので少しだけ、動画を撮影しました。良かったらご覧ください。

久々に触ってみて思いましたが、このカメラ面白いです。

このシリーズは後継機になるほど大きくなり、最終的に普通のデジカメになっていくのですが、やっぱり初代のコンパクトさと遊び心は好きだなぁ。

次回のレトロガジェットは、FireTVスティック(初代)です

そんなに古くないって?いや、最新機種と全然スペック違うんですよ。

ブログ的には鮮度の低い情報なので、レトロ扱いにしています。

ということで、残念パパこと、いのっちでした。

では、また!

スポンサー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると元気がでます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる