【レビュー】東京都桧原村にあるロッヂ神戸岩のキャビン(バンガロー)でキャンプ

こんなご時世(2021/08)なので、過去(2019/08)に遊びに行ったキャンプ記事でもいかがでしょうか?

東京にもいろんなキャンプ場があり、今回ご紹介するロッヂ神戸岩は結構ガチのキャンプ場です。

といっても・・・バンガローもしっかりしているし、焼き場もあるので

東京にもこんな場所あるんだな・・・と思うくらい普通に山の中でした。

目次

ロッヂ神戸岩(かのといわ)は山の中

場所はご覧の通り普通に山の中です。

ロッヂ神戸岩は東京都桧原村の山の中にあります。

勿論、車で来ないとアカン場所です。ここは徒歩は無理そう。

近くに国際マス釣り場がありました。

ほぼ、目的地まで一本道です。

山道を登っていくとロッヂ神戸岩の事務所棟が見えてきました。

事務棟

で、こちらが今回泊まったロッヂです。宿泊施設としてはキャビンと書いてありました。20名まで宿泊出来ます。

キャビン(最大20人)

駐車場はロッヂのすぐ隣にあります。因みに、BBQ焼き場は隣で、ロッヂの外にはトイレも着いています。

ロッヂ(キャビン)の内装

普通にキッチンあります。ガスコンロと冷蔵庫はあるので室内での調理は可能です。でも、調理器具は持って来る必要があります。

キッチン

一階です。普通にダダっ広いリビングです。ここに布団を敷いて寝ます。生活感がある写真なのはご愛嬌ということで。

子供が一番はしゃいだのが二階です。確かにこれは楽しそう。この日子供は全員上で寝てました。

2階は屋根裏部屋になっています

各部屋には扇風機は置いてありましたので、扇風機を持ってくる必要はなさそうです。

他にはシャワー室とトイレがあります。この近くに車で20分くらいの場所に温泉もあるそうなので、温泉に行くのも悪くなさそうです。

ロッヂに併設している焼き場でBBQ

こちらが焼き場です。こういう構造なので、炭を片付ける必要がないのは楽です。

焼き場

前に書いた記事で使っていた着火剤で、火を着けました。

例の着火剤を使って火をつけました
いのっち

いいぞ、燃えろ、燃えろ!

・・・とか、思いましたが、別の家のパパさんがいたので口には出しませんでした。

まあ、大人ですからね

因みに今回のメインアイテムのダンボールで作ったピザ窯です。

お友達のパパさんが深夜に2時間かけて作ったそうです。凄い力作。

ダンボールの内側にアルミホイルが貼ってあります。一番下に大き目の缶があり、ここに炭を入れて熱反射でピザを焼きます。

因みに結構美味しくピザ焼けました。他にも、スモークチップで燻した鮭とばとか、チーズとかもやりましたが中々の完成度でした。

アルミホイル貼ってあるだけでダンボールって燃えないもんなんだなと、違う意味でも勉強になりました。

焼き場の隣はすぐに川です。こんな感じ。

水が凄い綺麗です。でも、魚が見当たらない。残念!

ロッヂ神戸岩の宿泊料金とレンタル品の料金

今回は娘のお友達家族と13人(大人6人、子供7人)で宿泊しました。

料金体系が結構細かい(^_^;)

宿泊費関連の価格

利用料金は今回は20名用のキャビンに宿泊しました。

宿泊費:40,700円/日
BBQ焼き場:3,300円/日
シーツ  :220円×13人
掛布団  :550円×13人
駐車場  :宿泊者2台無料、
     +1台550円

他にももっと大人数が宿泊できる大型キャビン、中型キャビン、小さめの山荘など色々種類があります。

詳細は是非、以下をご確認ください。

レンタル備品

レンタル備品は色々手持ちしたので、以下の2点だけレンタルしました。

BBQ鉄板(大):1,100円(税別)
BBQアミ L:500円(税別)
 

他にも鍋や夜間、炊飯器などなど…大体の物を借りることができます。

勿論、薪なんかも購入できますので、食材さえあれば何も持たずに行くことが可能です。

詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

その他購入品

燃えるゴミ袋:180円/枚×2

ごみ袋は購入しておきましょう。

自治体指定のゴミ袋になります。

さて、今回のキャンプ合計は・・・

総合計:56,520円(4,348円/人)

後は、山田大橋キャンプ場と比べると料金体系が複雑です。まぁ、持参すればいろいろ安くはなるのですが

子連れだと少々しんどいので、大人しくいろいろレンタルしました。因みに宿泊はキャビン(最大20名)にしました。

基本的に燃えるゴミ意外は持ち帰りで、燃えるごみも袋を買う必要があります。

ロッヂ神戸岩には犬は宿泊できるの?

気になる方がいると思うので、補足で記載しておきます。

条件つきですが、犬はOKみたいです。

・小型~中型犬はOK(大型犬はNGみたいです)
・1棟につき、2匹まで
・同室はできないので、玄関付近にケージ(持参必須)

他にも注意点がありましたが、詳細はこちらをご確認ください。

ロッヂ神戸岩の営業時間とアクセス

事務所棟:9:00~17:00

事務所棟は食堂も兼ねているようです。後、支払いはカードが使えます。

食材は流石に売っている気配はしないので必ず買ってから来ましょう。

この辺だと20分くらい車で走ればスーパーくらいはあります

アクセスはこちらをご参照ください。

ロッヂ神戸岩の感想

ロッヂ神戸岩の良いところ

水がとてもきれい
秋川の上流なので浅い
パワースポットの神戸岩が近い
ペット(小型~中型犬)宿泊可
レンタル備品が充実
金額もお手頃

山田大橋キャンプ場と同じく秋川沿いではあるのですが、上流ということもあり水はさらにきれいでした。

ただ、上流過ぎて魚があまり見当たらなかったのと、水深は基本ひざ下くらいなので子供をしっかり見ていれば、おぼれる心配はなさそうです。

BBQ焼き場があるので、コンロは不要です。

ただ、焼き場はコンロと比べると深さがあるので、火力強めにしないと中々、肉がやけないので気を付けましょう。

この施設の良いところはレンタル備品の充実やペット同伴でも宿泊ができたりすることです。

ある程度の人数がいれば金額もお手頃なのも魅力です。

さて、今回は観光スポットの「神戸岩」は断念しました。

結構、子供に上らせるには険しい道らしいです。

小学生はいけるらしいのですが、4歳児が三人と乳児は無理そうなのでやめておきました。

ロッヂ神戸岩の気になるところ

夜は夏場でも寒い
水はとても冷たい
徒歩では行けない

日中は結構蒸し暑かったのですが、夜は結構冷えるので布団は絶対に必要です。

普通に寒いので要注意。

後、水もかなり冷たいです。焼き場でBBQで暖まりながら遊ぶくらいが丁度よいと思います。

場所に関しても基本的に山の中なので自動車必須です。

徒歩+バスみたいな方法ではちょっと難しいと思います。

余談ですが、近く(自動車は必須ですよ)のセブンイレブンにマキが売っていました。

f:id:rapisino:20190830125510j:plain
マキが売っている

こういうのを見ると、「あぁ、旅行に来たっぽいな」と旅情を感じますね。

でも、当方はもう少しゆるキャンでもよかったかも(^_^;)

最後に写真がちょいちょい、どんよりしているのは雨が降っていたからです。

我が家の雨男女ぶりには当方も少々ひきました。

ま、次の日は晴れていたので良かったです。

おまけ 秋川の風景

晴れの日の写真です。朝日が射し込んで川の水に反射しています。心なしか、周りの木々も鮮明な気がします。

キャンプ場と近くの風景です。

パワースポットらしい?ので元気がでるかも。…当方は疲れましたがね。では、また!

スポンサー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると元気がでます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる