小さい・軽い・かわいい!CIOのモバイルバッテリーが高機能でGOOD

CIOモバイルバッテリーレビュー

モバイルバッテリーって、

残念パパ

デカイ・重い・黒い(?)

イメージないですか?

当方の偏見によるとそれがモバイルバッテリーのイメージです。

ガジェット大好きな当方ですが、モバイルバッテリーだけは、重さとかさばり具合が嫌で普段持ち歩かないんです。

そこに出現したのが、CIOのモバイルバッテリーです。

当方は見た目から入る「なんちゃってガジェッター」なんですが、見た目のフォルムも然ることながら、

サイズ、重さ、性能も…いいんじゃない?

ということで、今回はCIOモバイルバッテリーをご紹介します。

目次

CIOのモバイルバッテリーの見た目

標準USBポート

性能は一旦横に避けて、見た目から。

CIOモバイルバッテリー残容量表示
ディスプレイに残容量表示

当方が一目惚れしたのは見た目なんですよ。

CIOモバイルバッテリー
Type-Cポートから充電できます

なんか、かわいらしくないですか?

モバイルバッテリーって、ゴツくて重苦しい雰囲気(偏見?)があるんですが、

見た目のサイズ感が美しいんですよね。

10000mAhの容量で重さ177g

10000mAhのモバイルバッテリーというと、普通は200g程度の重さがあるんですよ。

モバイルバッテリーって、「モバイル」する気がなくなるくらい重いというのが当方の感想ですが、

軽い…!このくらいなら持ち歩いてもつらくない。

カードサイズでコンパクト

手に収まるサイズ感

そして、スペースをとらないコンパクト感もグッドです。

容量が多い代わりにサイズも大きいモバイルバッテリーは持ち歩きしたい気持ちを削ぐんですよね。

軽くて、大容量なら気軽に持ち歩けるので当方でも「ギリ」耐えられる!

・・・すみません、当方はモバイルバッテリー限定でいうと、あまり持ち歩きたくない派なので、これでもギリだったりしますw

ズボラなあなたに最適!パススルー充電

モバイルバッテリーを充電していると、充電用のケーブルを指す口が足りなくなる…

そんなことありませんか?

モバイルバッテリーを充電しながら、USBケーブルを接続してそのまま充電してくれないだろうか…。

とか思ったことがありませんか?それがパススルー充電です。

CIOモバイルバッテリーパススルー充電
つまりこういうことです

ズボラな当方みたいな残念パパにはオススメの機能です。

モバイルバッテリーって、結構パススルー充電に対応していないものもあるので、この機能が搭載されているかも重要なポイントの一つです。

Macbookも充電できる!30W給電に対応

PD(パワーデリバリー)に対応しているので、30Wの給電が可能です。

PDはUSB Type-Cに対応した給電規格で、通常のUSBは給電が最大7.5Wなのに対して、最大100Wまで給電が可能なのが特徴です。

CIOのモバイルバッテリーは30Wまで対応しているので、Macbookといったノートパソコンにも充電が可能です。

因みに30W対応だとノートパソコンに充電できないケースはよくあります。「65W以上じゃないと充電できないよ」とかノートパソコン側に表記があるので、必ずご確認ください。

CIOモバイルバッテリー まとめ

ということでこちらがCIOモバイルバッテリーのまとめになります。

メーカー:株式会社CIO
型番: SMARTCOBYPRO-30W
サイズ: 約77×56×26mm
重量: 約183g(ケーブル含む)
バッテリー容量: 10,000mAh
ポート構成: 2ポート
USB-C / USB-A
入力: USB Type-C(Max 20W)
出力: USB Type-C(Max 30W)
標準USB(Max 30W)
PPS出力: USB Type-C(Max 30W)
急速充電規格: PD3.0 / QC3.0 / SCP / S-VOOC
パススルー機能: 搭載

特長:実は日本製、地味に高機能
価格帯:4,378円(税込)

個人的には白の方がオススメです。

なんか見た目がかわいいので。

実は黒もありますが、個人的には好みではないので敢えてオススメしませんw

性能は一緒なのでお好みでどうぞ、

ということで、今回はここまで!

残念パパことイノッチでした。

では、また!

スポンサー

CIOモバイルバッテリーレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると元気がでます!
  • URLをコピーしました!
目次