IIJmioのギガプランは通信容量を選べる!でも、データシェア利用時は注意点も。

当方がずっと使っているフリーSIMのiijmioにも、2021/4/1にギガプランが登場しました!

早速、プラン変更を行ったんですが皆考えることは一緒のようで、アクセス集中で中々申込できない状態でした。

ならばと、朝5時くらいなら空いていると予測して申し込みした所、サクッと申し込みできたんですが…

物凄くお得なプランですが、思わぬ落とし穴も。

寝ぼけた頭でプラン変更したため、失敗してしまったのです。

ということで、今回はiijmioの新プラン「ギガプラン」と旧プランの比較と、思わぬ失敗談のお話

目次

iijmio(BIG SIM)とは?

当方は以前こんな記事を書いているのですが、ビッグカメラの窓口に行って、BIG SIM(中身はiijmio)の契約をしています。

iijmioはサービス名で、「MVNO」事業者のiij((株)インターネットイニシアティブ)が提供するフリーSIM回線のことを指します。

因みにMVNO事業者はドコモや、ソフトバンク、auなどの通信事業者から通信回線を間借りして、提供する事業者の事を言います。

大元の通信事業者は「MNO」と言います。

ビッグカメラはiijmioをBIGSIMというブランド名で提供していますが、

このようにSIM契約の代理店の様な動きをする事業者を「MVNE」といいます。

中身はiijmioなので、回線の運営管理自体はiijが行うという構造になっています。

良い例えが思いつかないのですが、メーカー、総代理店、二次代理店の関係に似ていますかね?

iijmioギガプランと旧プランの比較

比較するとすぐにわかるのですが、全体的に安くなっています。 

プランを比較してみました

驚きの安さ、そして通信容量も5段階に分かれているので、自分の生活にあったプランが選べます。

ここで抜粋したのはプランの一部(本当はeSIM用のプランやオプション等もあります)なので、詳しくは公式サイトの価格表をご覧ください。

【旧プラン】

【新プラン(ギガプラン)】

余談ですが、旧プランも現時点では存続されるようなので、移行しないという選択肢もあるのを念頭に置いておきましょう。

まあ、大体の場合は変えた方がお得にご利用できると思いますが。

既存ユーザーはデータシェア機能に注意

皆さんは約款をしっかり読みましたか?

当方はよく読まずに契約してしまったので、ちょっと失敗しました。

旧プランとギガプランのデータシェアの違い

実はギガプランのオプション契約であるデータシェア機能はまだリリースされていません。

さて、このお話をする前にまずは旧データシェアプランの概要を説明します。

以下の図を見てもらえば分かると思いますが、1つの契約で複数のSIMの通信容量をシェアできるのが旧プランです。


因みに旧プランのミニマム、ライトスタートプランなら最大2枚のSIM、ファミリープランなら最大10枚まで通信容量をシェアできました。

SIMは1枚追加するごとにSIM発行手数料と月額440円がプラスされる仕組みです。

新規でSIMを契約するよりお得に利用できるという最大のメリットがありました。

さて、これで1つの疑問が湧いてくると思いますが、

既存でデータシェアプランを利用していたSIMはギガプランでも自動でデータシェア機能に移行するのでしょうか?

答えは「NO」です

ギガプランでは通信容量を分け合うという発送ではなく、個々のSIMの通信容量を合算してシェアする考え方なのです。


なので、旧プランで運用していた既存ユーザーの認識とはその点が違うので要注意です。

お気づきかもしれませんが、旧データシェアプランとデータシェア機能と書き分けしております。

・・・実はここ、当方が勘違いしていて、親切な第三者の方からご指摘頂きました。

当初はギガプランもデータシェアプランが用意されると勘違いしていました。

新・旧データシェアの違い

さて、申込みをするとこんな画面がでます。

ギガプランに移行するSIMはどれなのか選択する画面がでます。

上がメインの音声通話付きのプラン、下が旧データシェアプランで発行したSIMです。

実はどちらもそれぞれギガプランに移行しないといけないんです。

勿論、2021/5/1時点ではデータシェア機能は存在していませんが、データシェアを使いたい場合は両方ともギガプランに移行が必要です。

先程も説明しましたが、新プランの場合個別に契約したSIMを連携することでデータシェアを行う仕組みです。

旧プランは通信容量を引き算するのですが、新プランは通常容量の足し算をするイメージです。

つまり既存ユーザーは6月のデータシェアプランに備えて、総通信容量が決めて、人数で割り算する必要があります。

ここなんですよ。当方がミスしたのは。

FAQをしっかり確認しておけば良かったなぁと思ったのは・・・。

データシェア利用中の方の移行方法

当方は現在ミニマムスタートプラン3GBのプランで2枚のSIMカードをデータシェアにしています。

片方は音声通話有りで片方はデータ通信限定のSIMです。

このプランなら音声通話基本月額+データ通信限定のデータシェアプラン月額なので…

¥1,760+440円=¥2,200(税込)


これをデータ通信容量を8GBまで引き上げようとしている場合のケースで考えます。

この場合、それぞれのSIMで4GB契約をしておきます。

つまり、合わせて8GBになるように変更すると、金額的にはこうなります。

音声通話月額+データ通信限定月額 ¥1,078+¥968=¥2,046(税込)

これなら元のプランよりも安く、今までの倍以上の通信容量で運用をできます。

・・・さて、これが当方が勘違いしてしまったポイント

うっかりメインのSIMを8GBで先に申し込みして、データシェアプランのSIMは契約をそのままにしたのです。

違和感は感じたのですが、データシェアプランのSIMの扱いが分からず、そのままにして、色々調べたら…

「別々にギガプラン移行しないとアカンのかい!」

と、なったわけで。

ということで、データシェアプランで使っていたSIMも2GBで申し込みしました。

これだと、以前より金額高くなるというアホな展開に…。

音声通話(8GB)+データ通信(2GB)
¥1,518+¥748=2,266(税込)

因みに旧プランとギガプランでデータシェアをする想定でSIMカードの契約をした場合は8枚目を境にして、旧プランの方が金額的にはお得になります。

8枚目以降は金額は高くなっても、通信容量増える仕組みになっているが良くできたプランですよね。

ファミリーシェアプランも家族6人の想定なら以前の契約よりもお得な金額で運用できます。

余談ですが、ギガプランのシェア機能はSIMカードは最大で10枚迄となっております。ここは旧プランと同じようなかんじですね。

ギガプランの変更

ということで、月を跨いでから間違えて契約したプランを予定のプランに変更しました。

会員メニューから契約内容を選び、

STEP
会員サイトで契約内容の変更を選ぶ
会員サイトに入ったら番号に従いタップ。プランを変更したいSIMを選択。
STEP
プランを選択します。
変更したいプランをタップ。確認画面で内容を確認。
STEP
利用規約等にチェック。最後に変更予約を確認して完了。

ギガプランのキャンペーン中(2021年5月現在)ということもあり、幸いプラン変更料金はかかりませんでした。

因みに利用規約を読む限りですが、最低利用期間は1ヶ月となっているようです。

いやぁ…利用規約とか読むの大変なので、皆さんはプランを間違えないように最後に確認しましょう。

iijmioギガプラン データシェア機能、他機能リリース

2021年6月1日よりギガプランの新機能「データシェア機能」にリリースされました。

データシェア機能は同一契約内の複数IDのSIMを連携できるというものです。

この機能の凄いところは、例えばiijmioのプランでドコモのSIM、AUのSIM、eSIM・・・と契約形態が異なる回線であってもデータシェアができるところです。

注1)誤解なきようですが、別の事業者やMVNO事業者のSIMとデータシェアができるという意味ではありません。あくまでiijmioの契約内でのお話です。
注2)旧プランのSIMとはシェアできませんのでご注意ください。

また、新機能でデータプレゼント機能というものが追加になったようです。

これは、通信容量の足りないSIMに対してデータを分けてあげることができる機能す。

データシェアしていなくても、データ容量の受け渡しが可能にあるところが中々面白い機能です。

データシェア機能の設定方法を簡単にご紹介したいと思います。

データシェア機能の設定方法

手順は難しくはないので、順番に設定していきましょう。

iijmioの会員サイトにログインし、ギガプランの契約を確認します。

ギガプランの契約を見ると、以下のようなメニューが出てくるので、順番にタップします。

「グループの新規作成」をタップ。次にグループ名をつけます。グループ名は覚えやすい名前で良いと思います。

「データシェアに確認・編集に戻る」をタップ。はじめの画面に戻ったら、「回線の変更(追加・削除)」をタップ。

データシェアしたい回線にチェックをします。画面に下にスクロールしていきます。

最後に変更した内容を確認、チェック事項に☑して「この内容で設定する」ボタンをタップでデータシェアは完了です。

設定自体は難しくないのですが、慣れていない人はこの画面にたどりつくのに苦労するかもしれないですね。

余談ですが、ギガプラン以前の旧プランとはデータシェアが使えないのでご注意ください。

データプレゼント機能、5G切替機能

他にもデータプレゼント機能なるものがあります。こちらは同じ契約内の別ID(回線)にデータを送付するという機能です。

こちらもデータ量をタップすると出てくるメニューの一つです。

こんな画面です。

流石にデータをプレゼントする先がなかったので、説明を割愛しますが特定の回線から別の回線にデータ容量を受け渡すことが可能になるみたいです。

他にも5G通信への切替も無料で行うことが可能です。

設定自体は極めて簡単なので、ログインしてそれっぽいところをタップしていけば答えにはたどり着くと思います。

しかし、・・・これは便利な機能ですね。

iijmioギガプランまとめ

まさにIIJだけではなく、通信事業者、MVNO各社での乱戦が始まったな!

…と感じる攻めた新プランと感じました。

間違いなく、現行プランよりも新プランの方がコストが安く抑えられると思います。

もう一度、新旧プランの価格表を載せますので、ご確認ください。

因みに2021/4/1〜5/31までは、初期事務手数料(¥3,300)が無料です。

さらに新規でのお申込みならスマホを¥110(税込)で購入できるトンデモキャンペーンも展開しているので検討中の方はこのタイミングで導入を検討されると良いと思います。

ということで残念パパこといのっちでした。

では、また!

スポンサー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると元気がでます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる