【初心者向け】Chromeリモートデスクトップの使い方

リモートデスクトップはご存知でしょうか?

システム屋の人やパソコン得意な方はご存知だと思いますが、分からない方の為にご説明しますと、

リモートデスクトップとは自分のいる場所とは別の場所にあるPCをインターネットを経由して遠隔操作をするソフトの総称のこと

総称というだけあって、実はこの手のソフトは色々な種類があります。

有償の物から無償の物まで有象無象ありますが、今回は無料で利用できるGoogleのChromeリモートデスクトップをご紹介したいと思います。

目次

ChromeリモートデスクトップでスマホーPC間の遠隔操作の概要

今回はお手持ちのスマホやタブレットから、Windowsを操作してみようと思います。

Chromeリモートデスクトップイメージ

の組み合わせで遠隔してみたいと思います。

この組み合わせがお試しするにはお手軽だったというだけで、勿論PC対PCでも可能です。

因みにWindowsが「7」なのは、此方の都合です。

ご愛嬌ということで。

当然ですが、Windows10でも普通に利用できますし、私も利用したことがあるので可能なのは間違いありません。

さて、準備を始める前にリモートデスクトップには以下の物が予め必要になるのでご準備下さい。

①Googleアカウント
②Windows版Chrome
③スマホ版Chromeリモートデスクトップアプリ
④同じアカウントで両方共ログイン

上記の手順は割愛しますが、必要なのでご準備お願いします。

リモートデスクトップするための前提条件なので必ずご準備ください。

Chromeリモートデスクトップのセットアップ方法

パソコン側とスマホ側それぞれ順番に説明したいと思います。

Windows版Chromeのセットアップ方法

STEP
Chrome(クローム)にhttps://remotedesktop.google.com/と入力して検索します。
Chromeリモートデスクトップ設定画面

上記の画面になったら、「リモートアクセスの設定」の右下に「」ボタンがあるのでクリックしてください。

STEP
「Chrome に追加」ボタンをクリックします。
STEP
「拡張機能を追加」ボタンをクリック
STEP
「同意してインストール」ボタンをクリック
f:id:rapisino:20190723004315p:plain
STEP
インストール確認画面が出るので「実行」ボタンをクリック
STEP
インストール後に遠隔対象のパソコン名(任意)をつけます。

パソコン名は半角英数が無難です。

STEP
最後にPin入力画面が出たら自分で決めた6桁以上の数字を入力してください。

Pinはセキュリティ的にも桁数が多い方が吉なので8~10桁くらいは最低入れましょう。尚、ここで入力したPinは接続する際に使うので必ずメモしてください。

Pinとは…このパソコンに接続する為のパスワードのこと

STEP
以下の画面なったらWindows側の設定は終了です。

スマホ側へのセットアップ方法

今回は Android端末と、iOSからのインストールをやってみたいと思います。

Androidへのアプリ設定方法

STEP
AndroidのChromeリモートデスクトップアプリをインストールします。
STEP
アプリ起動して以下のようにPC名が表示されていることを確認します。
Windows側で設定したPC名を表示

Androidの場合インストールが完了すると既存のGoogleアカウントがセットされるため、何もしなくてもPC側で設定したPC名が自動で表示されます。

iPhone(iOS)へのアプリ設定方法

STEP
アプリ起動してWindows側のPC名が表示されていることを確認します。

基本的にOSが違うだけでインストールやセットアップ手順に違いはありません。

敢えて注意点を書くなら、もしPC名が表示されないようであれば以下の2点を必ず確認ください。

Windows側からセットアップが完了しているか?
GoogleアカウントがPC、スマホ共に同じもになっているか?

おそらくは上記のどちらか、もしくは両方ができていないだけだと思います。

Chromeリモートデスクトップの操作方法

STEP
スマホアプリで該当PC名をタップします。

【Androidの場合】

【iPhoneの場合】

STEP
Pinを聞かれるので入力します。

【Android】

【iPhone】

STEP
windowsの画面が表示されたら接続完了です。

【Android】

【iPhone】

STEP
タブレットでリモートしている映像サンプルは以下をご参照ください。

■接続開始デモ

■操作画面デモ


動画を見てもらうとわかると思うのですが、タイムラグが殆どなく、普通に使えます。タブレットはいつも使ってるファーウェイのMediapad T2 7.0 pro です。

タブレットの性能はお世辞にも良いとはいい難いのですが、スイスイ動いています。

ここまで来ると快適を通り越して、ちょっと気味が悪いような…。

Chromeリモートデスクトップの注意点・欠点

セキュリティ上のリスク
有償のリモートデスクトップ製品より反応遅い

リモートデスクトップは便利ですが外部からの攻撃に対する脆弱性(弱点)も増えるので、こちらの機能をご利用になる場合は自己責任でお願いします。

普段から安直なパスワードを設定されているような方は、特に気をつけましょう!

後、どうしても有償のリモートデスクトップ製品と比べると反応速度が遅い(例えば、キーボード入力が遅れて入力されるとか)があります。

プログラマーの方がChromeリモートデスクトップを使うと結構イライラするみたいです。

会社の同僚(プログラマー)からの率直な感想なので間違いないと思います。

当方はプログラムを組むわけではないし、簡単な文章作成とデータ閲覧がメインなので困ることはないですが、ゴリゴリ入力やその他の操作をされるのであれば、オススメはできないですね。

実はMacも遠隔が可能(らしい)

試したいのですが、我が家のMacBookが御臨終になって久しいので未確認です。

この辺はもう少し掘り下げたいですね。

ということで、リモートデスクトップはできましたでしょうか?

やってみたら10分くらいでリモートが出来ました。

そして、リモートできたことに満足してしまい…

いのっち

もう、飽きたな

とか、思っていまいました。

いずれ、Macでも試してみたいですね。

さて、今回はここまで!

地味に便利なサービスなので皆さんも一度お試しあれ!

ということで、残念パパことイノッチでした。

では、また!

スポンサー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると元気がでます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる