【初心者向け】ほぼ水やりだけでOK!カルビーのジャガイモ栽培キット

我が家はジャガイモ大好き一家です。

いや、本当はそんなことに微塵も思っていません。

でも毎年、市で運営しているジャガイモ畑の区画売りでめっちゃジャガイモを収穫します。

育てるのは農家さんがやるので、本当に収穫するだけなんですよね。

子供的には収穫だけでも十分楽しいと思うのですが、育てるところからやらせてみたらどうだろうか…?

ガチの畑仕事はしたくないけど、軽い気持ちでジャガイモを育てたい…!

そんな我が家のような、ズボラ一家に朗報です。

カルビーからポテチだけでは飽き足らず、原材料から作りやがれ!

という、面白いアイテムが販売されているのでやってみました。

目次

袋で栽培!カルビーのジャガイモ栽培キットは家族にオススメ

畑を借りてジャガイモを栽培する・・・ これを苦も無くやる方が沢山いますが、少なくとも我が家には向いていないな・・・と。

恐らく、野菜を育てたい・・・と思っている多くの方が、まずはじめにぶつかるハードルが

「畑どうするかな?」・・・だと思います。

勿論、「プランターで育てる」など、もう少し手軽な方法もあるんですが、それすら億劫になるのが人間というものです。

ということで、ズボラファミリー向けにカルビーが良いもの販売していました。

袋で育てるジャガイモの土『ポテトバッグ』と種芋2個セット「ぽろしり」です。

この2つだけで、後は必要なものはありません。

そう考えると気楽にジャガイモ栽培できますよね。

ジャガイモの土を名乗っていますが、公式サイトによると、主材料はココヤシピート(ヤシの殻)を主材料としているんだそうです。

つまり厳密には土ではないんですね。

そのため収穫が終わったら「燃やせるゴミ」として処分できます!

ズボラ家族に最適じゃないか…!

これならアパートやマンションでも安心して育てられます。

やるな…!カルビー!

5分でできる!ジャガイモの植え方

説明不要かもしれまんせんが、お手軽さをお伝えするために手順をご紹介します。

STEP
袋で育てるジャガイモの土『ポテトバッグ』の上部をガイドに従い切ります。
STEP
袋の両端を持って、トントンと地面に落として中の土を平らにします。
STEP
袋を折りたたんで、土から5cmくらいの高さになるように調整します。
こんな風に折りたたみます
STEP
次は袋のそこにある「+」印の所をハサミで切ります。
底にある黒の「+」のところ

この印は片面4箇所あるので、反対側も同じように穴を開けましょう。

切ります

これ水はけをよくするための穴です。

穴を開けておかないと、水が溜まって種芋が腐る原因になるので、切り忘れないように注意!

STEP
次に種芋「ぽろしり」を植えます。
カルビーのポテトチップスに使われている品種

袋の底の方にズブズブと植えます。

えいやぁ!
STEP
水をたっぷりあげて終了です。

後は日当たりの良い場所において、土が乾いたら水をあげればOKです。

誰でもできる簡単作業で、ズボラ一家にオススメな理由が伝わったでしょうか?

植えるのも大事ですが、肝心なのは収獲までしっかり育てることです。

ということで、次章ではジャガイモ栽培のポイントを説明していきたいと思います。

ジャガイモ栽培のポイント

植えた後は多少なりとて、気を付けるべきことがあります。

幸い畑とは異なるので、心配するポイントが少ないのが本製品の良いところ。

栽培の要点だけ記載したいと思います。

ジャガイモの栽培時期はいつごろ?

春作、秋作の2シーズンで栽培が可能です。

【春作】
・2月~3月頃植え付け
・6月収穫


【秋作】
・8月~9月頃植え付け
・11月収穫

適温は10℃~25℃なので、暑すぎたり寒すぎてもダメです。

本記事は春作なんですが、秋にも収穫できるのは良いですね。

補足ですが、連作(収穫完了後に続けてジャガイモ栽培すること)は病気になりやすいので、できないそうです。

秋になったら、また種芋植えて・・・というのはできなさそうです。

水やりは乾いたらあげる程度

水を上げすぎると、種芋が腐りやすくなります。

そのため、土が乾燥したらあげるくらいでオッケーです。

収穫が近くなってきたら、乾燥気味にさせるため、水やりは控えめにします。

収穫が梅雨時期にかぶるので、梅雨に入る前に収穫がベストです。

濡れた土からジャガイモ収穫するのメチャクチャ大変なんですよね…。

まあ、畑じゃないからそこまでではないと思いますが。

日当たりが良い場所にポテトバッグを置く

日当たりの良い場所で育てるのが基本です。

とはいえ、最近は春も秋も暑い日がありますよね。

気温が30度を超えるような日は、日陰に移動させるのがベスト。

あまり暑いとジャガイモ枯れちゃうんですよ。

畑と違って袋に入っているので、暑い日は移動させちゃいましょう!

芽が増え過ぎたら「芽かき」を

芽が土から10〜15cmくらい出たら、「芽かき」をします。

芽かきとは、種芋から芽が3本くらいでているなら、その内の一番元気な芽を残して、余分な芽をハサミで切り落とす作業のことです。

芽かきをすることで、養分が複数の芽に分散するのを防ぎ、大きなジャガイモに育てることができます。

このあたりを抑えておけば、いい感じに育つ…はず!

病気や虫がついたらどうしよう…といった悩みもありますが普通の畑と違うので、その辺はリスク少なめです。

土は準備されたものだし、種芋も正規ルートで手に入れたものであれば、病気の心配もしなくていいですし。

畑だと、畝をどうするとか、土のPH値が適正なのかとか、種芋の扱い方とか…気にしないといけないことが多いんですよね。

そこは基本「水やり」だけに注力すればいいように配慮されています。

ジャガイモ栽培を始めてみて

3/12

このシンプルな仕組みは娘にちゃんと響いたようです。

はじめの内はかみさんがお水をあげていたみたいなんですが、芽が出てからは娘が水やりをしているようです。

4/9

成果が出ると人間やる気がでますからね。

4/14

しかし・・・芽が出てからの成長早い事・・。

そろそろ芽かきしないとまずそうですね・・・。

収穫が楽しみです…!

収獲まで、まだ日があるのでこちらの記事に成長具合をチョコチョコ載せたいと思います。

ということで、今回はここまで!

子供が喜んでいるので、やってよかったと思います。

収穫したら、ジャガバタにカレー、そしてポテチにして食べてみたい…!

植物を枯らす天才が我が家には揃っているので、悲しい結末にならないことを祈って!

残念パパこと、イノッチでした!

では、また!

スポンサー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると元気がでます!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる